システムを把握

自分の住んでいる県のゴミ出し環境を把握する事が大切です

日本では全都道府県から全市町村が全て統一されたゴミ出しのシステムが整っている訳ではなく、それぞれの自治区のシステム頼りな面があったりするケースなど、千差万別に違いがあります。そして不用品回収をゴミ出し場の回収員に、事前に市の窓口などで取り寄せた粗大ゴミ回収シールなどのシステムが整っている土地と、整っていない、そもそも粗大ゴミの廃棄は受け付けていないという土地も存在したり、引越しや転居や出張の多い方は不便する事も多いのが日本のゴミ出し環境の状況です。その為、日本の各地では地域密着型の不用品回収業者などが存在しており、粗大ゴミの不用品回収を受け付ける役割を民間で担っている業者なども存在したりするケースがあります。その為、自分の住んでいる市町村のゴミ出し環境システムはどうなっているのかを把握する事がまず大切です。

不用品回収でかかる費用を抑えるには

前述にて民間の不用品回収の民間業者の旨を説明しましたが、別口の不用品回収のパターンもあります。それは粗大ゴミなどのゴミをゴミ出し場では受け付けていないが、ゴミ処理センターなどに持ち込んできてさえくれれば、あとはそのゴミ処理センターがキロ単位を数百円で請け負うというパターンです。これは日本では地方の田舎な土地に多い不用品回収の方法でもあります。不用品回収の民間業者に頼むと、下手をすれば少しのゴミ出しだけで一万円を軽くオーバーするのが実情です。その為、車のある方などは粗大ゴミなどをある程度分解できたりするならば、分解してゴミ処理センターに持ち込むという手もあります。これは事前にゴミ処理センター側に可能か否かの確認と、予約をとっておけば安心です。そして何より数万円もかからずガソリン代込みで千円から二千円ぐらいに納める事も出来ます。重要なのは自分の住んでいる土地のゴミ処理環境の把握こそが大事と前述で記載しましたが、ゴミ処理センターのシステムも踏まえるという意味も含まれています。